開館の経緯
我妻栄略歴
記念館の紹介
館内の案内
出版案内
所在・開館日時
記念館だより
上杉鷹山公と郷土の先人を顕彰する会
リンク
トップページ

我妻栄記念館

 本館は、社団法人米沢有為会が、創設百周年記念事業の一環として、我妻栄先生
生誕の旧居と敷地を購入して補修整備を行い、平成4年6月、米沢有為会総会開催当日にオープンしました。
  この建物は、明治中ごろの米沢の標準的な木造建築であり、木造一部2階建(25.5坪)土蔵(12坪)から成ります。その原形をとどめながら補修した和室(8畳2間)には、大型テレビと山形県生涯教育セン ター制作のビデオ並びに先人顕彰会「鷹山公シンポジウム」のビデオ等10数本を備え、ホワイト・ボード、書棚、先生の代表的著書、座卓等を設備し、 有為会米沢支部をはじめ〈鷹山公と郷土の先人顕彰会〉や文化諸団体の各種行事(火種塾講話会・ビデオ映写会・諸打合せ)等に利用され、我妻先生の講演集ほか郷土の先人に関 する出版物を展示頒布しています。また壁面を利用して、先生の肖像写真・米沢有為会年表・同歴代会長の写真・先生の思い出のスナップ等を掲示しています。
 2階の和室6畳間は先生の勉強部屋で少年時代の先生の勉強する姿をほうふうさせる雰囲気を醸し出しています。土蔵には(未整理のものもありますが)先生愛用の机・椅子・整理カード箱のほか展示ケースには、遺品の一部・原稿・写真・著書・辞令等を展示しております。
  館外の一部には花壇を造り、敷地の境には「うこぎ」の灌木を植えて米沢の風情が楽しめるように、環境整備を進めております。
  現在は、郷土の先人について興味関心のある地域の人達や法曹界の人達が見学・研修のため来館しております。開館日は、金曜・日曜(午後1時〜午後4時)、月曜(午前10時〜午後4時)の3日間とし、ご希望の向きにはビデオ上映のうえ、簡単な解説なども実施しております。開館日に限らず、特別の希望者(団体)には極力その要望に応じ、
来館見学が出来るように取り計らっております。ご一報ください。
  (「我妻栄記念館」パンフレットより)

我妻栄記念館間取図